三井物産人材開発株式会社

研修案内

HOME > 研修案内 > 三井物産社員向け研修

三井物産社員向け研修

担当職研修

多様なプロ人材の育成にあたり、初期教育期間には、三井物産社員として必要な基本動作・知識の習得、Valuesの共有等、プロ人材の土台となる素養をマインドとスキルの両面で習得します。
マインド面では、入社後の節目節目で経営理念や組織の現状、今後の方向性を踏まえた議論を通じて、自分の軸を形成します。
また、スキル面では、業務上求められる基礎的なスキルを学ぶ「特定スキル強化研修」、スキル全般を演習形式で学ぶ「スキル総合演習」にて、「必要なスキルを必要なときに」取得し、自分のスキルを高めます。
人材育成の要である管理職層ではVisionと達成可能な戦略を示し組織メンバーをリードして行くラインマネージャー層に対する研修を充実させ、次世代リーダーの育成を行っていきます。この次世代リーダー育成の研修においては、将来のグループ経営の担い手としての活躍を視野に入れ、優秀人材同士が部門或いは国境を越えて切磋琢磨する事を目的としています。

>> 研修案内に戻る

業務職研修

求められる役割期待に基づき、業務領域の拡大と専門性の深化を図るにあたり、初期教育期間には、三井物産社員として必要な基本動作・知識の習得、Valuesの共有等、マインドとスキルの両面で習得します。初期教育期間後には、求められる役割期待を確認し、広い視野を持って主体的に行動するきっかけをつくることを目的とした研修、業務職としてのリーダーシップを発揮し、自分の枠を超えて組織での成果創出に貢献し、組織の枠組みを超えた連携に自律的に取り組むことを目的とした節目研修を実施しています。

>> 研修案内に戻る

その他研修(本店採用職員)

節目研修以外にも多種多様なニーズに合わせた研修を実施しています。事業投資案件が増加していく中で、プロジェクトマネジメント人材の育成を目的にした研修、新しいビジネスモデルなどを創造して行くために事業特性の異なる具体的ケーススタディを通じて意思決定に際する視点を追体験する研修などがあります。また、社内に留まる事無く、外からの視点、意見、流れを知り、そして社外の人々とも切磋琢磨する場として、異業種交流研修の場を設けています。今後はこれらをさらに拡充させ、多くの社員の皆さんに機会を持ってもらえるよう、充実させて行く予定です。

>> 研修案内に戻る

グローバル研修(海外店採用職員)

益々重要度の高まるグローバル・グループ人材育成を実現すべく、海外店採用の職員や海外グループ会社社員に向けた共有すべきコアバリュー理解や各地域での現場力強化を目的とした日本での集合型研修を各対象層に展開しています。それ以外にも、三井物産本店社員が学ぶ基本知識を現地で学ぶ機会や、日本語能力向上の機会を提供しています。
一方、海外赴任を控える本店社員に対しては、海外での勤務に際して知っておくべき知識の習得を目的とした研修を赴任前に実施しています。

>> 研修案内に戻る

ページTOPへ戻る